2014年8月21日木曜日

事務所開き

いよいよ川西市議会選挙まで残り2ヵ月を切りました。
この間、なかなかブログ・FBとも更新できておらずで反省してます。(>_<)

先週末は、大学・青年の時に一緒に活動していた仲間たちに激励会をしてもらい元気をいただきました。遠く東京・千葉等から駆けつけてくれた友人に感謝しつつ、自分が日本共産党に入り活動する原点となった時を思い出しながら、また頑張っていこうと気持ちを新たにできました。
皆感謝です。\(^o^)/
いただいた寄せ書きも早速事務所に飾りました。
で、選挙も応援ヨロシクね!(^^ゞ

さて、話は変わって事務所開きのご案内です。


日時:8月31日(日曜日) 10時より
場所:川西市出在家町13-12 萩荘
(川西市文化会館の斜め向かいです。)





ご家族、ご友人、ご近所の方などお誘い合わせの上、
たくさんの方の参加をお待ちしております。
市議選に向けて盛り上げていきましょう!


2 件のコメント:

  1.   森本猛史議員が全戸配布の「市政報告」vol.5、「政策提言(子育て・教育編)」に「公立小中学校の教職員は、市の職員でありながら人事権は県が掌握していることにより、市内各学校が有する様々な課題に対応するための、機能的な人事を十分に行うことが出来ません。この課題を解決するため、人事権を県から市へ移譲すべきだと考えています。」と。公立小中学校教職員は、県費負担の職員で、「市の職員」ではない。「人事権は県が掌握している」とあるが、人事権には、「採用の人事権」と「各学校に異動する人事権」があることを理解していない。公立小中学校の教職員は、採用は県、人事権は市の教育委員会にある。現在、市が市内各学校への人事異動を行っている。彼は「採用の人事権」を市に移譲をすることを提言したかったのだろうが調査不足、不勉強だ。私は、すぐに連絡先の「議会事務局」と市教委に問題点を指摘し、議員に訂正を求めるよう電話。議会事務局も市教委も、「調査して対応したい」と回答。「この市政報告に政務調査費が使われているのではないか。」と調査を要求。そのチラシを彼は昨日も配布しているようだ。厚顔無恥とは、、、。 

    返信削除
    返信
    1. コメント有難うございます。
      うーん...この件、WEBでどこまでコメントしていいのか悩ましいです。

      しかし、厚顔っぷりはこの4年間見せつけられて正直うんざりでしたが、今回は「無知」付きですね...
      いったい、4年間何をしてたのだろう...?
      自民党系の会派「壮政会」では、指導・チェックする人も居ないのだろうか?

      しかも、今話題にもなってる政務活動費の問題も絡んでくるののかな?
      税金・公費であれば、川西市民としてはまたも大問題ですね。
      議会事務局、市教委の調査結果が気になります。

      削除