2014年12月19日金曜日

選挙中での出来事 いろいろ

なかなか選挙期間中にブログ更新が出来ませんでした。
今回の総選挙では、いろいろなことが有りました。

順不同、記憶の限りで羅列します。

・マンション下で演説中「ビラをもらいに来た」と男性 宝塚・中山五月台

・駅頭宣伝で「憲法9条を守ってください」という学生 宝塚・逆瀬川駅

・万代スーパーで演説中ずっと聞いてくれた婦人「主人が職場で知り合いです」と 伊丹・野間

・「志位さんによろしく!」と中学生 川西市グリーンハイツ

・演説中ビデオ撮影してた女性、終了後に「ネット配信した方が良いですよ」 川西能勢口駅

・宣伝カーで信号待ち中に隣の車からチョコレートの差し入れ 宝塚・高司

・演説会に向かう電車で隣の学生より「被選挙について」と突然の質問 JR塚口~尼崎間

・清荒神の参拝客「川西市議選惜しかったなぁ、今度は大丈夫や!」と 宝塚・清荒神

・演説中に職場でお世話になった方(サイクリング中)と遭遇 宝塚・西谷 

・演説会に向かう電車で隣席の乗客より「吉岡けんじさん、支持してるよ!」と 阪急宝塚駅

・演説後にマイクを貸して欲しいという市民「安倍は憲法を守れ!」と絶叫 宝塚・小林

・演説開始後に元職場での上司が「頑張ってるな!」と 宝塚・ふじガ丘

・宣伝カーに乗られたアナウンサーさん、出発式後の街の反応の良さに感動 伊丹

他にもいろいろな出来事が有りましたのでまた追記できればと思います。

伊丹は、1987年に就職した場所でもあり、思いでの場所で演説したりと感慨深くなってました。
努めていた会社(北伊丹)の跡地が公園になってるのにも驚きました。
そして、伊丹・宝塚では仕事でお世話になった方々にお会いでき懐かしいやら嬉しいやらでした。

10~15分の演説をずって聞いてくださる方、少し立ち止まって聞いてくださる方などが多くて、市議選との違いを実感しました。
今回の総選挙で日本共産党が訴えた『5つの転換』は本当に響きあったと感じました。

たくさんの方々に応援いただいて、本当に楽しい選挙戦でした。

2 件のコメント:

  1.  川西市議選、今回の安倍政権が追い込まれての総選挙、ご一緒して感じるのは、国民の声を聞かない安倍暴走政権、庶民の暮らしの苦境の中、確実に、「国民(市民)と日本共産党との壁がなくなってきている」という実感です。候補者カーに乗って一緒に市内を回っていると何という反応の良さ、駆け寄ってこられる方、家を出て来て手を振って下さる方、吉岡さんに握手を求めて近寄る方等々、、、頼れるのはこことかない、という気持ちが伝わってきました。この期待と信頼が広がれば、確実に、沖縄のように共同が広がり、自民党に競り勝つ統一戦線が可能かと、、、、。それが現実的な課題となってきていると、わくわくと。吉岡さん、次は統一地方選の県議会選挙。災い転じて福となす、とも。私は、市議選の思わぬ屈辱を攻勢的に捉えて、次のチャンスの準備が出来ると、認識した一人です。大いに奮闘して、その可能性を現実のものにと!!

    返信削除
    返信
    1. 岩本さん
      「人間万事塞翁が馬」と総選挙の際に言われました。(笑)
      いっせい地方選挙は、まだ何も決まってませんが、もっと住民みなさんに身近な政党と感じてもらえる様に主体力の充実を図っていかなければなりませんね。
      今後もいっしょに頑張りましょう。

      削除