2015年10月12日月曜日

川西市の大型ごみ有料化 説明会

久代新生会自治会が本日開催しました。
いま、川西内の各地でこの説明会が開催されています。


連休最後の日、夜7時開催で参加者20人弱と少な目。
開始前に参加者から「みんな気にならないのかしら」という声も。

冒頭、自治会長が「反対の意見・質問はしないでください」
前置きされてから、市の環境部美化推進課から説明が開始。

前半20分は、大型ごみ有料化にした目的「ごみの減量化」と大型ごみ
有料化に伴う説明が20分程され、その後「ごみの出し方」を20分説明。
大型ごみではなく、ライターの捨て方、竹串、ペットボトル、トイレットペーパー
の芯や名刺などの紙資源ごみの捨て方などなど、この説明に20分も掛けて
してくれました。まー、これは非常に参考にはなりました。

しかし、これに釣られて質問も「ごみの出し方」が多数でました。
うーん...です。

大型ごみについては、ごみ回収業者「アパッチ」のことや収集場所、
不法投棄のことやまとめ出しのことなどが質問として出ました。

市職員曰く
「詳細は来年2月に説明パンフを配布しますのでそちらで」
とのこと。

まだ、実施要領が決まっておらず説明できない状態でした。
何の説明会なんだ?説明会を実施したという事実を作るため?


そして、市の説明資料にあるのは、有料化を正当化するために
作られた資料・プレゼンでした。

・他市は、大型ごみを有料化して減量したというグラフ。
 ごみ総量で、減量化を成功しているという実態は伏せてます。

 このグラフを見ると大分ごみが減りそうに見えますが、
 大型ごみはごみ総量の7%未満だという説明は有りません。
 実際には、大型ごみが半減しても3%程度しか減りません。

・阪神間の近隣市で、有料化していないのは川西市だけみたいな地図。
 これも、兵庫県で見ると、有料化している市は13/29で半数以下です。
 大阪府まで使って、川西だけが浮かび上がる地図を作るとは小賢しいです。

・大阪湾フェニックス(神戸沖埋立処理場)のH21年とH26年の比較写真。
  「このままでは、H39年度にはいっぱいになってしまい、ごみがまちに
  あふれてしまうかもしれません。」との説明。
 だからごみの減量が大事です。(これ自身には異論ありません。)

 しかし、現状の実態を市職の方に聞いたところでは、リサイクル可能な
 家具なども、国崎クリーンセンターに持ち込むと、バリバリ粉砕してしまい
 燃やしているのが実態です。
 リサイクルにはお金が掛かるため、焼却してしまうみたいですが...
 わざわざ丁寧に持ち込んだ職員さんたちはショックを受けたみたいです。
 この話を聞いたとき、私もショックを受けました。

ごみの減量化を真面目にするなら
・リサイクルセンターにその機能を果たさせる、
・製造業者と販売業者に「ごみ減量」と「販売時に不要家具などの回収」
 を義務付けするなど指導する

など、行政のできることはたくさんあります。
なのに、住民だけに負担を強いるやり方には憤りを感じます。

今回、自治会長に迷惑かけまいと遠慮し、おそらく答えられない疑問
を投げかける程度にしましたが、ちょっと悔やんでます。

何とか「大型ごみ有料化しないで!」という、住民の本当の声を届けたい。
自治会に加入していない方々は、今回の説明会は案内もない状態でした。
説明会は、1人でも2人でも開催してくれるとのことです。

他の問題や、戦争法、猪名川町の選挙などでバタバタして、少しおざなりに
してしまい、申し訳なく反省です。
しかし、「川西市の大型ごみ有料化を考える会」で、今後もしっかりと
取り組んでいこうと思います。

2015年10月7日水曜日

名神ICと湾岸線を結ぶ連絡線建設計画

事務所の宿直当番を週に一回やってます。

夜は、ゆっくりパソコンを触れる。
朝は、コーヒー飲みながらゆっくり新聞を読める。
週に一回、貴重な時間となってます。(^^ゞ

さて、フェイスブックでいろいろとため込んだ情報をアップしましたが、
本日付けの朝日新聞にも気になるニュースがありました。

西宮に連絡線建設計画
名神ICと阪神高速湾岸線結ぶ3キロ

4月の県議選でも、無駄遣いと訴えてきた、この連絡線建設計画。

国土交通省近畿地方整備局が検討しており、記事によると
「環境への影響や多額の投資をめぐり、今後、計画の是非が議論になりそうだ」
とあります。

示されている2案は次の通り
①高架案 概算事業費600~700億円
 津波が発生した際は代替道路として期待できる?
 沿道への騒音や景観への影響が懸念

②地下案 概算事業費1,200~1,300億円
 酒造りに適した西宮の地下水「宮水」への影響が心配

4月にも訴えましたが、県の調査でも「渋滞緩和の効果は見込めない」計画です。
それもそのはず、利用する人はご存じのとおり、湾岸線は六甲アイランドで
終わり下道経由で神戸線に戻らなくてなりません。
戻った摩耶は大渋滞です。

私も数年前まで、塚口から神戸方面へ行く際に利用してましたが、
神戸線の定常的な渋滞どころは生田川から摩耶、魚住辺りです。

そして、間違って湾岸線に乗ると、住吉浜で大渋滞に巻き込まれてしまいます。
年末にナビに従って利用した際には、塚口から西神中央まで3時間以上掛かりました。

この連絡線は、渋滞緩和にはまったく役に立ちません。



新聞記事では西宮市議会における9月議会での意見が紹介されてます。
「神戸以西へ行く際、高速が繋がっていればと利用するたびに思った」

ちょっと待て、西宮に住む人がこの連絡線を使うケースはすごく稀なはず。
西宮から神戸以西に行く際は、西宮か芦屋から高速使うでしょ!

この発言をした議員は、どういう生活を送っているのだろうか?
ぜひ、名前と顔写真も公開して欲しい。
(あとで、議会議事録で調べてみようっと。)

ちなみに、阪神北地域(川西、宝塚、伊丹、猪名川)からでも、神戸や
三宮に車で行くにはこの道はほぼ使いません。ナビでも設定されません。


おそらく、大阪の人もあまり名神は利用せず、阪神高速を使うでしょうし、
名神高速を使う人も湾岸線には行かないでしょう。


地方から来た、あまり道を知らない人が間違えって利用し、とんでもない
渋滞に巻き込まれるのが目に見えます。

こんなところに多額の税金を投じるなど、正気の沙汰とは思えません。
絶対、この計画案・無駄遣いは廃止に追い込みましょう。

2015年10月1日木曜日

猪名川町議会議員選挙 勝利!!!!!

9月27日投開票で行われた猪名川町議会議員選挙で
日本共産党が擁立した二名が無事に当選しました。


池上 哲男氏(現職、6期目当選)

下坊 辰雄氏(現職、8期目当選)

私は、下坊氏の選対責任者という初任務についていました。
結果が良かったのでホッとしましたが、しんどい日々でした...

戦争法が国会で強行採決された中で行われた選挙、
安倍政権への怒りの声が日本共産党に託されました。
また、選挙前に行った住民アンケートでは、病院の問題や介護
の問題、ごみ収集の問題、少子高齢化の対策など、切実な要求
がたくさん寄せられ、5つの提案として政策をまとめました。


「町民の声を町政に」をスローガンとして、
7期の信頼より8期目当選を果たした下坊氏。


猪名川町は、南北に長い町です。
下坊氏の選挙事務所も、出身地である北部柏原でスタート
し、現自宅の南部上野に中2日間異動しました。

その距離17Km。
私の家(川西市久代)から、下坊氏宅までがおよそ12Km
で、それより5Kmも遠い...

北部は、農家など集落と数十軒の集合団地があり高齢化が進んでいる。
南部は、パークタウン(若葉・白金)など、大きな集合団地があり、人口の
およそ7割を占めていますが、こちらも高齢化が進行しています。

出生率は、兵庫県平均を大きく下回り、高校生アンケートでは「将来この
町で住みたくない」という声が3割にもなってきました。

若者や子育て世代がしっかり生活できる町、いつまでも住み続けたいと
思う町にしたいと、両候補を先頭に日本共産党は訴えました。

当選したお二人には、新しい議会でも掲げた公約を実現させるために
全力を尽くしてもらいましょう。

2015年9月17日木曜日

2015猪名川町議会議員選挙

戦争法案が国会でヤマ場を迎える中、猪名川町では町議会議員選挙が行われます。

22日告示 → 27日投開票
定数16人

日本共産党から、下坊辰雄町議池上哲男町議の現職二人が立候補予定です。

私は、下坊辰雄町議の支援に入って、猪名川町に来ています。
今回も事務作業に追われ、部屋に閉じこもってます。
そろそろ外に出たい。(笑)

さて、先日は事前書類審査に行ってきました。
自身の選挙では、他の方が行ってくれてたので初めての経験です。

町職員の方が丁寧にチェックしていき、日付や事務所設置申請と異動申請が
混同していたりと不備を修正して、一先ず無事に終わりました。

なかなかいい経験となりました。

下坊町議は、7期28年の経験で8期の挑戦。
猪名川町北部の出身、猪名川生まれ猪名川育ちの地の人です。

ビラ配りや、宣伝カーを走らせていると「下坊さんによろしく!」と多くの方から
声を掛けてもらえます。

しかし、前回選挙では14位当選で数十票差でしたので、油断大敵というか
必死に頑張らなくてはなりません。

川西へ向かう道路(いなぼう石像前)、日生中央駅前でと朝宣伝、まち中での
スポット宣伝で、「戦争法案反対」「町民の声を町政へ」と訴えます。

猪名川町議選勝利へ、あと10日間全力で頑張ります!



毎週火曜日は『いなぼう石像前』で立って挨拶
 

猪名川町唯一の駅、のせ電「日生中央駅」では
池上議員・黒田市議ともいっしょに宣伝


自宅前の「演説会お知らせ看板」
猪名川から川西に向かう道で目立ってます。(^^ゞ

2015年9月8日火曜日

川西市議会・総務生活常任委員会

本日開催された川西市議会・総務生活常任委員会において、
戦争に行くな!川西連絡会が提出した

「安全保障関連法案」の国会での慎重審議を
国に求める 請願書

賛成多数採決されました。

会には、いろいろな団体・方々が参加されています。
「なんで『戦争法案』じゃないの?」
「慎重審議じゃなくて、廃案を求めよう」
などの声もありましたが、何とか川西市・議会から声を
上げれる様にと熟考した内容です。

連合市民クラブの津田議員と日本共産党の黒田議員に
紹介議員となっていただき提出しました。

他の会派にも紹介議員のお願いに回り、なって頂くことは
かないませんでしたが、いろいろと話をさせていただきました。

今日の委員会における採決では、自民党(川西まほろば会)と
公明党が反対し、他の会派はすべて賛成でした。

川西市としては、大きな一歩前進です。

17日の本会議に掛かる予定ですので、ちょっとタイミング
としては微妙な感じですが、全国で大きく広がる運動により
参議院での強行採決を阻むでしょう。

川西市では、次の日曜(9月13日)に超党派議員が集まって
集会も計画されています。
戦争法案を廃案へと、共同の輪が広がっています。

「戦争する国No!」の声、より大きく上げていき
必ず廃案に追い込みましょう!

2015年9月5日土曜日

8月29日 兵庫パレード


ちょっと遅くなりましたが、一週間前に阪神尼崎駅前で行われた
兵庫パレードについてのご報告。

この集まりには妻といっしょに集会に参加しました。
なんと、妻といっしょに参加するのは、20年以上ぶりとのこと。
子どもが小さいと、なかなか参加できませんが、今回は夏休み中の

長女に末っ子を見てもらえたのでラッキーでした。

空模様が気になる感じでしたが、集会・パレードの間は大丈夫。(^^ゞ


弁護士会主催の兵庫パレード。

兵庫県の4か所(神戸・尼崎・姫路・豊岡)+2か所(西宮・洲本)で行われ、
述べ6000人が集まったみたいです。

私たちの参加した尼崎では、1200人以上集まる
大きな集会・パレードとなりました。
川西市や伊丹・宝塚からも、たくさんの団体・個人の方々が参加してました。

たくさん写真を撮りました。(笑)


清和台の辻君とツーショットで(^^ゞ



川西地区労連、九条の会のみなさん


ねりき県議・たぶち市議、みとみ市議とチーム宝塚


川西の黒田市議と北野市議


集会場でパレード出発まで。
川西は最後尾の方で、出発まで大分待ちました。

阪神尼崎駅から、2号線に出て
三和本通商店街から中央商店街をパレード。

さすが尼崎、商店街が健在で嬉しいです。
 

商店街をパレードする伊丹のみなさん






いろいろな店に目移りさせながら、大きな声でパレードしました。
久しぶりの尼崎中央商店街。
1987年から2003年まで、尼崎で仕事をしてたので
飲み会などずいぶんお世話になりました。

だいぶん、店の並びは変わってましたが、5時前でも
飲み屋さんには結構お客が入ってます。(笑)
ちょっとお酒の入った気持ちのいいおじさんが店から
出てきて「わしも戦争法反対や!」とガッチリ握手もしました。



撮った写真を確認しててびっくり!
目の前に尼崎の庄本悦子県議(ピンクのシャツさん)が居ます。(笑)
別の写真では、妻の横に居てるし...

昨年の市議選でたいへんお世話になり、妻と出発前に
出会ったら挨拶しようと話してて、会えないままでした。



と思ったら目の前に居てるやん!...
まったく気づいておらず、失礼しました。m(__)m


しかし、戦争法案は国会で審議がされればされるほど、
問題が出てくる。

参議院に移ってからは、自衛隊の内部資料も次々と届き
自衛隊の中(幹部)からも、この法案に対して問題と思う
方がたくさんいることが浮き彫りになってきました。

それもそのはず、自衛隊は「憲法を(絶対)守る」を教育する。
今回の法案は、明らかに憲法違反。

弁護士や憲法学者の方々だけでなく、、元裁判官の方たち
も声を上げ始めました。

政府・与党や維新の橋下市長などは、こうした集会やパレード
を敵視あらわにしてきました。

しかし、そんなことに負けるわけにはいきません。

憲法守れ、平和を守れ
民主主義守れ
立憲主義・国民主権を守れ

若者。自衛隊を戦地に送るな!

いよいよ佳境です。
なんとしても、廃案に追い込みましょう!



2015年8月22日土曜日

第4回まち研カフェ開催のご案内

7月から立ち上げてきた、まち研カフェ企画
早くも第4回となる今回は、

公共施設の再配置「中央北地区複合施設」 です。


内容は、文化ホールの代替えとなる1000人規模の大ホールと、
周囲にある福祉関連施設を集めるとか...

計画から建築、運営までPFI方式による民間委託。

その名も「低炭素型複合施設」ですって。

予算は、当初計画60億円が100億円に膨れ

新国立競技場と似てるやん」とまちでも噂に...

そもそも、川西市で1000人規模ホールは必要なのか?

今の文化会館・ホールでの利用実績はどうなんだろうか?
今の施設の耐震化・安全見直しは本当にできないのか?

国保税も引上げ、小学校を統廃合し、待機児童がいるのに幼稚園・保育所すら
統廃合しようとしている、大型ごみも有料化が決まったばかり。

市は借金がたくさんあるって話なのに...大丈夫か?

今一度、そもそもの計画を市の担当から直接聞き、
中身を知ろう、考えようと企画しました。

ぜひぜひご参加ください。
私のブログでは初のお知らせ。(^^ゞ
実は事務局をやってます。

2015年7月13日月曜日

川西市の大型ごみ処理の有料化問題3

川西市の6月議会において、大型ごみ処理の有料化条例が採決されました。
5月18日に連絡会を立ち上げ、この間街頭宣伝や署名活動に取り組んできました。

署名はわずか1か月ほどで5442筆が集まり市に提出しました。
今も、事務所にFAXや郵送で送られて増えています。



住民に全く説明せず、そして反対・懸念する声も聞かない川西市政、市議会。
厚生常任委員会では、我々が発行するビラに応じるかのごとく3度も変更された
当局説明資料が配布されてました。
当初の目的すらなくなり、「減量化のため」と押し切る大塩市長。

そして、審議では賛成討論がまったくなく、懸念事項が次々と出てくる中、
採決ではなぜか賛成多数となりました。
マジで許せません。(怒)

議会最終日(6/29)には、宮坂市議(市民自治クラブ)と黒田市議
(日本共産党)が反対討論しました。

斯波市議(明日のかわにし)が賛成討論するものの、賛成理由を言う事も
なく、有料化する代わりにサービスの向上を訴えるだけになってました。
・マンション住民にも戸別収集すること
・南部や中部にリサイクルセンターを作ること
※有料化によって生じる、新たな不公平を作らないようにとの意で、
 それなりに評価できる内容ですが...
 そもそも有料化せずに、現状のまま無料にしておくことが一番公平です。

当局案に対して、賛成とも反対とも討議もできず、あっさりと「賛成」してしま
っては、「行政のチェック機能」であるはずの議会が形骸化してしまっている
と言わざるを得ません。

先日、連絡会の世話人会を行いました。
①この結果を市民に知らせていこう。
②実施するまで、議会で出た懸念事項を反映させていくかしっかり監視しよう。
③そして、「実施させない」運動を引き続きしていこう。

との意思統一をしました。
みなさんには、逆に励まされるばかりです。

今週、7月16日は、「まち研カフェ」を開催します。
※7月8日のブログ参照...

ごみ問題も、川西市政についても『市民の目』
しっかりチェックしていきます。

P.S.
ちょっと台風が心配...

平和行進に今年も参加しました!

7月7日(七夕の日)に平和行進が兵庫入りしました。
あいにくの雨模様でしたが、川西市は大阪府からの引き継ぎポイントでもあり、
兵庫県下からもたくさんの方が集まりました。
もちろん、地元川西市のみなさんもたくさん集まってました。(^^ゞ




通し行進をされている山口逸郎さん(映画プロデューサー)、ご高齢なのにすごいです。
兵庫県の遠し行進される方に、伊丹市議選の応援でお世話になった井村さんが居ましたのであらためてお礼のご挨拶を。(^^ゞ



川西市長のメッセージを代読する北野のりこ市議。


川西市議会議長のメッセージを代読する黒田みち市議。


参議院選兵庫選挙区候補の金田峰生さん。

川西市役所前を出発し、宝塚市のあいあいパークまで行進に参加しました。
広島の原水爆禁止世界大会にも、もう長いこと行っていないなぁ...
最後に行ったのは終戦50周年だったから20年前か...

今年は70周年、娘たちも連れて日帰りでも行きたいなぁ。

2015年7月8日水曜日

第一回 川西まち研カフェ 開催のご案内

川西市の6月議会では、突然「大型ごみ処理の有料化」という
問題が降ってきました。

多くの市民にとっては急な話で驚きでしたが、市の説明では

①数年前より審議会などで検討してきた
 H25年3月の「川西市一般廃棄物処理基本計画」でも有料化を打ち出している

②H26年3月の「第6回廃棄物減量等推進審議会」でも案として出ている

③市長の今年3月議会における施政方針でも 「大型ごみ処理の有料化を
 検討する」と打ち出している

などなどのプロセスを経てきたとのことでした。
非常に腹立たしい事実ですし、それでも多くの市民はまったく知らずに
突然の有料化話だったことは間違いないです。
5,000筆を超える署名が集まり、今なお郵送やFaxで署名が届きます。

もっと、市政のことを「いろいろな角度で見るようにしないといけない」と
私なりには痛切に反省しました。

そんな中、「川西市のまちづくりを考えよう」と同じ思いを共有できた
方たちと相談して、『まち研カフェ』(第一回)を開催することにしました。
思いったった計画・行動してしまいます。(^^ゞ

なんと、都市計画の専門家、大阪都構想の際には各地で活躍された
【中山 徹 奈良女子大教授】にアドバイザーとして来ていただけること
にもなりました。\(^o^)/
保育問題についても詳しく、市内の保育所関係の方々も大喜び。

とき:7月16日(木)午後2時~4時まで
ところ:絹延橋 うどん研究所2階
    川西市小戸3丁目23-6
    TEL [ 072-767-7639 ]
参加費:500円 ワンドリンク付き
※駐車場が少ないため、公共交通機関をご利用ください。
 うどんご希望の方は、開始前にご利用ください。

ということで、告知致しますので、是非お越しくださいませ。
うどんに興味ある方も是非お越しください。(笑)


2015年6月24日水曜日

第36回川西母親大会

一昨日の日曜日、川西市アステホールで開かれた
「第36回母親大会」(川西母親連絡会)にビデオ
の上映係りとして参加しました。

開会のあいさつ(渡辺会長)

実は、私は母親大会へはじめて参加です。(^^ゞ
男性も幾人か参加されておりました。
この日は、神戸で集会もありましたが、80名ほど参加されてました。

上映タイトル:「モンサントの不自然な食べもの」
http://www.uplink.co.jp/monsanto/


<概要>上記サイトより引用
 「アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、
世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル
企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿をカメラは追う。
 遺伝子組み換え作物から、過去に発売された枯葉剤、農
薬、PCB、牛成長ホルモン。1世紀にわたるモンサント社の
ヴェールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書によって
検証していく。
 自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に
携わる人々の暮らしを意に介さないモンサント社のビジネス。

 本作は、生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを
追求する現在の「食」の経済構造に強い疑問を投げかける。
「世界の食料支配、それはどんな爆弾より脅威である・・・」
と作中で語られる、世界の食物市場を独占しようとする
モンサントの本当の狙いとは?
(続きは上記サイトで閲覧くださいませ。)

字幕のドキュメンタリ映像で108分あります。
途中で、映像(DVD)の調子が悪くなり中断してしまいました。
(DVDの裏面に、マスキングテープが貼られてた...痛恨(T_T))

ともあれ、「食の安全」について考えさせられるすごい内容です。
企業利益のために行われる規制緩和は許せない。
今政府が進めようとしているTPP交渉も、農業だけに矮小化
されて報道されてますが、食の安全、医療の問題などを考え
ても撤退すべきです。

なにより、国民が知らないといけないことがたくさんあるなぁ...
と見終わったあと感じました。
少なくとも、納豆や牛肉などを買うときは注意しようと。
(もちろん、それだけではありませんが。)


上映のあと、新婦人、保育、教職員、年金者組合など各団体の
方々が連帯の挨拶をされ、大会決議が採択されました。

大会決議の読み上げ

私も無事?に役目を果たせてホッとしました。

なお、8月1日に日本母親大会が神戸で開催されます。

ぜひ、ご参加くださいませ。

2015年6月19日金曜日

川西市の大型ごみ処理の有料化問題2

昨日(6/18)、川西市議会の厚生常任委員会で審議されました。
50人近い方といっしょに、「大型ごみ処理の有料化」についての
審議を傍聴しました。

「有料化しないこと」を求める署名を1か月程の期間で集め、
議会開始の6/5に3,088筆、昨日追加で2,000筆の署名を
追加提出し、署名の合計は5,000筆を超えました。



短い期間で、我々世話人などが声が掛けれていないところも多く
ある中、ビラを受け取った方たちが近所や知人、親せきなどに
どんどん声を広げて署名を集めてくれました。

署名にご協力いただきましたみなさん、
有難うございました。


5,000筆を超える署名、少なくない市民が今回の有料化には
反対しています。


10時から開始、お昼休憩を挟んで15時過ぎまで審議された結果、
採決では有料化について賛成6、反対2で有料化となりました。
残念です。悔しい!

<厚生常任委員会・厚生&採決結果>

・岡 留美(厚生常任委員会・委員長)

反対議員 (所属政党・会派)
・宮坂 満貴子 (無所属・市民自治クラブ)
・黒田 美智 (共産党・共産党)

賛成議員 (所属政党・会派)

・福西 勝 (民主党・明日のかわにし)
・西山 博大 (自民党・川西まほろば会)
・米澤 拓哉 (無所属・明日のかわにし)
・平岡 譲 (公明党・公明党)
・江見 輝男 (公明党・公明党)
・坂口 美佳 (無所属・維新の党川西)

それまでの議論では、「議会に対しても慎重にしてほしい」や
「高齢者に配慮するように」、「子育てで使えるもののリサイクル」
など、有料化に対して問題あるとの発言が続いてましたので、
期待したものの、採決では残念な結果でした。

「ごみの減量」については、他にもやることはいろいろとあります。

川西市廃棄物減量等推進委員会の答申書(2014年3月)でも、
検討施策としては下記の通りです。

施策1:啓発ツールの作成・活用
施策2:啓発促進システムの構築
施策3:大型ごみの有料化
施策4:ごみ袋の色指定制の導入

大型ごみが、ごみ総量の占める割合はわずか6%ほど。
83.6%が可燃ごみです。
大型ごみが半減したとしても、全体の3%です。

「ごみの減量」を本気で取り組むのであれば、まず「可燃ごみ」
を減らさなければなりません。
市民に負担を掛ける「大型ごみの有料化」から進めるのは、
許せない話です。

そもそも、市民に対して「ごみの有料化」を強いるほど、「減量」
に対して市は取り組んでいたのだろうか?
市の減量目標「1人1日100g」をどれくらい周知され、その経過
状況についても市民に周知されているのだろうか?

インターネットで調べれば、確かに数値は確認できる。

<ごみの排出量(1人1日当たり)>
H16:1,010.6g
H25:915.7g

10年前から比べると、ほぼ目標達成してるやん!

しかし、H21年(932.5g)から比べると約17g程度しかない。
この原因はなんなんだろうか...

こうしたところの分析結果は、昨日の審議会では一切話がなく
「大型ごみの有料化」だけが先行しています。

昨日の審議会では、「ごみの減量」についての話が多く、委員
さんからもリサイクルなどの案がたくさん出されてました。

本当にいい話が結構でてきてました。
そうしたことから、実施していくべきでは無いだろうか?


まだまだ、本会議での採決まで10日ほどあります。

気落ちしていられません。

昨日の審議会の結果も踏まえて、更なる取り組みの

強化をしていこうと決意をあらたに頑張ります!


2015年5月26日火曜日

川西市の大型ごみ処理の有料化問題

今日は、朝10時半から能勢口アステ通路で
「川西市の大型ごみ処理の有料化を考える会」
の宣伝&署名行動をしました。


平日ながら、たくさんの方や団体から24名が参加いただき、
1時間で130筆の署名が集まりました。

宣伝してると、「えー!いつからですか?」などと驚く方がたくさん。

「いえいえ、これから6月の議会で審議されます。
その為、急ぎ署名を集めています。」

というと、署名に協力いただき、同行者にも勧めてくれます。


署名の経験がないという方とも話をして、結果は至らないながらも
「頑張ってください」
と応援いただき、ビラを持って帰ってくれました。

街頭での署名は、警戒される方がたくさん居られます。
そんな中で130筆は本当にすごい結果です。

ビラを配ってても、「ほんまか?」などとの質問・対話があちらこちらで
起きてました。

参加された方も、ビラや署名を持って帰られました。
宣伝前にも、美園町の知人宅に署名してもらいに行ったら
「近所中に声掛ける」と署名集めてくれるなど
急速に運動が広がっています。

市民のみなさん、この問題への関心は非常に高いです。

6月5日の議会開催まであとわずか、たくさんの方へ
知らせて署名への協力を訴えていきます。

P.S.
残念ながら、写真を撮ることを忘れてしまいました...トホホです。

大阪住民投票への支援での出来事

 フェイスブックでは、アップしてましたがいっせい地方選挙が
終わってから、大阪市の住民投票の支援に行ってました。

我が、阪神北地区は大正区へ支援することとなり、5/2から
5/17の投票日まで通ってました。

結果は、みなさんご存じのとおり「反対」多数となり、大阪市を
残すことができホッとしてます。

はじめての住民投票で、いろいろと経験させていただきました。
地域の方といっしょに訪問して話をしたり、ハンドマイクを担い
で回ってると、賛成の人に絡まれ1時間近く対話するなど...
(話が出来る人で幸いでした。)

大正駅前宣伝では、たくさん支援の方が来てくれて楽しく宣伝
できました。
駅前は、ホルモン焼きの匂いがすごくたまらんです。(^^ゞ

何より、投票日に投票所前で宣伝するというのが、初めての
経験で楽しかったです。

いろいろな出会いもありました。

・大阪の民青でいっしょに活動してた西田さん
・小学6年時の担任の中路先生
・大正区のみなさんや、木津川南地区のみなさん
・堺から支援に来られてたみなさん
・中央からオルグに来られてた塚田さん
・総選挙でお世話になった宝塚のみなさん
 選挙後に、お礼の挨拶もできておらず、久しぶりでしたので、
 大正区の事務所内で「似た人が居る」って話を横でされた
 ときは笑いました。

などなど...みなさんにもお世話になりました。\(^o^)/

私は隣の港区出身なので、地理感も川西市より理解しており
すっかり馴染んでました。(笑)

大正区での思い出...
・中学でのテニスの試合で大正中央に何度か行き、近くの
 お好み焼きやさんで豚ぺい焼きを初めて食べた。

・昭和山(千島公園)でサバイバルゲームした

・平尾に有った親戚のスーパーでバイトしてた

・バイクレースをしてたころには、平尾にガレージを借りて、
 仲間のたまり場にしてた
 泉尾にある大本オートサービスにはよくお世話になった。
 (私が3台、兄が2台の計5台をここで買ったなぁ...)

・幼稚園児のころ、連れ回されて(誘拐未遂?)渡し船で
 大正区に渡ったような記憶も...兄の記憶。

などなど、昔は結構来てたんやなぁ...と懐かしみつつ
スクーターで走り回ってました。

ホルモン焼き沖縄料理が心残りです。
アルバイトしてた元スーパー前にある沖縄料理店

娘は、熱々のサーターアンダギーを食べたいと。
(差し入れでいただいたのがめっちゃ美味しかった。)

また、実家へのついでに大正区へ行こうっと。(笑)

P.S.
大門みきし参議院議員とも再会でき、伊丹市議選のお礼ができました。\(^o^)/

大門議員とがっちり握手 (^^ゞ


2015年4月27日月曜日

選挙・選挙・選挙...

みなさん、ご無沙汰しております。

県議選で落選したあと、休憩無しで伊丹市議選の応援に入りました。

大分と遅くなってしまいましたが、改めましてご支持・ご支援いただいた
みなさん、有難うございました。

3戦3敗となってしまいましたが、県議選では概ね自分の思った通りの
たたかいが出来ました。
出遅れてのスタートでしたが、限られた時間、協力人員、そして予算の
中で最大限の活動ができました。
何も知らず、分からずにたたかった市議選からは、かなり成長できたと
実感してます。

支えていただいた皆さんには、本当に感謝です。
また、私へ大切な一票を投じていただいたみなさん、周りに広げて
いただいたみなさんにも本当に感謝です。

遅くなりましたが、県議選の結果データを改めて...


得票数:8,123票 (14衆院比例:9,181票)
得票率:12.49% (14衆院比例:11.34%)

総選挙に比べると、得票率は増やせてました。
政務活動費の不正使用をしていた自民党議員は落選。
「川西市民の良識を示そう」との訴えは、効果があったと思いたいです。
残念ながら、良識の票は維新候補へと流れてしまいました。

翌日、翌々日とお礼の宣伝では、多額のカンパを頂いたり「次こそ!」
と激励を受けたりして励まされました。

とりあえず、少し休憩して大阪の住民投票への応援に行きます。
5月は、戦争立法についての問題も宣伝しなくてはなりません。

まだまだ、選挙が続きますが、引き続き頑張ります。

2015年4月11日土曜日

いよいよ最終日、明日(4/12)投票日です。

おはようございます。
あっと言うまの9日間、選挙戦最終日になりました。

昨日は、平野駅頭で宣伝スタートし、
宣伝カーに乗って街頭宣伝。

午後は女性後援会による宣伝。
夕方からは、アステ通路でロングラン宣伝。
(ロングラン宣伝は、私は最終日を控え途中で離脱。)

雨をものともしない、まさ終盤戦にふさわしい、
宣伝デーとなりました。

後援会のみなさん、本当に有難うございます。

今日はラストデーです。
選挙区内、くまなく回って最後の訴えをします。

この選挙戦、本当に雨が続いてます。
街中で訴えると、傘も持たずに出てきてくれる方や、
ベランダに出て手を振ってずっと聞いてくれる方、
窓を開けて聞き、演説が終わると拍手してくれる方、
これまでの3つの選挙と違った嬉しい反応があります。

駅頭宣伝では、
「もう投票してきましたよ」
「うちは3票や」
など、嬉しい言葉もたくさん頂けます。

「この間、○○駅でも宣伝してたな」
「○○スーパー前で挨拶しましたよ」

などと、宣伝を頑張ってきた成果もじわじわと。(^^)

私が訴える3つの争点

①平和と憲法の問題
②政治とお金の問題
③県のお金の使い方

どの問題も、最後までしっかり訴えます。

なんとしても勝ち抜くため、全力で頑張ります!




2015年4月6日月曜日

4月12日投票に向けて全力疾走中!

4月3日告示で兵庫県議会選挙がスタートしました。
いっせい地方選挙の前半戦、国会開催中に
行われるとっても大事な選挙です。

私は、次の3点を訴えてます。


①平和・いのちを守る選挙です。
政府・自民党、公明党は選挙後に戦争立法を
通そうとし、アメリカといっしょに海外で戦争する
国づくりを進めようとしています。

平和の国・日本が危機です。
憲法を守る候補は私だけ、戦争する国づくりNO
の声を上げ、『平和の国』を子どもたちにしっかりと
引き継ぎましょう。

②政務活動費の不正を正す選挙です。
反省もしない、不正した候補を許すのか?
世界から注目されてます。
住民の良識を示しましょう。
お金にきれいな政治に変えましょう。

③ムダ使いを止めさせ、くらしを守る選挙です。
行政改革で福祉・医療を切り捨てる一方、
大企業呼び込みに多額の税金を投じる
オール与党政治に審判を。
子ども達がイキイキ、子育て世代をしっかり支援、
お年寄りのみなさんも、元気で長生き、いつまでも
安心して暮らせるまちに。
くらし・福祉・医療・子育て充実させましょう。

平和・福祉を守って93年、『ブレない』日本共産党で、
『粘り強く、とことん頑張る』を信条にする吉岡けんじです。


速いもので、今日から中盤戦に入ります。
元気いっぱい、朝の駅頭宣伝から訴えていきます!
出発式にご参加いただいたみなさん、
応援・支援していただいてるみなさん、
有難うございます。


2015年4月2日木曜日

出発式のご案内&公開討論会の映像情報のお知らせ

大事な情報を忘れていました。(汗)
明日(4月3日)告示日です。

吉岡けんじ事務所で出発式をしますので、ぜひご参集ください。


<<出発式>>

場所:吉岡けんじ事務所

    川西市平野2-1-3

日時:4月3日 AM9時半より

※地図は先日アップした投稿をご覧ください。

明日は、宣伝カーで選挙区を一巡して挨拶回りです。

<もう一つのお知らせ>
3月29日(日)イナホールで開催された公開討論会の
映像が公開されてました。

2015年兵庫県議会選挙 川西市・川辺郡選挙区 公開討論会

約2時間と長い映像となりますが、ぜひご覧くださいませ。

ではでは、頑張ってまいります!

告示日前日です

いよいよ、明日4月3日告示、12日投票で
兵庫県議会選挙がスタートします。

投票日を入れて10日間、全力疾走します!

この間、テレビ、新聞社からも事務所に頻繁に電話が掛ります。
マスコミ曰く、『注目の選挙区』とのことです。(^^ゞ

定数3人に立候補予定者が5人

共産(新):吉岡けんじ ---私
自民(現):加茂氏
民主(現):越田氏
無所(現):しの木氏 ---公明が推薦?(今回は公認かも)
維新(新):小西氏

注目するにはいろいろと理由があります。

①自民現職さんは、政務活動費の不正使用で渦中の人。
②民主現職さんは、4年前に民主ブームでトップ当選。
③無所属現職さんは、上記記載の通り4年前は無所属でしたが、
 今回は公明党が全面的に支援している感じ。
④維新新人さんは、当初予定していた永井氏が居住日数不足で
 立候補不可となり、10日ほど前に伊丹市議だった小西氏が
 落下傘でこの地にきました。
 ここでは書きませんが、昨年の市議選の際にスキャンダルネタ
 が週刊誌に掲載された経緯があります。(真偽不明)
⑤私は、市議選、総選挙と短期間で3度目の挑戦

総選挙での得票数では、①自民②維新③民主④公明⑤共産の順です。

しかし、1位、2位の方に上記のような問題があり、3~5位は得票差が
小さい状況でした。

ということで、
定数3人ですが、現時点で圧倒的な強者が居ない状況です。
マスコミもいろんなネタが凝縮されてるので注目されているのでしょう。


いずれにしても、私はチャレンジャー(挑戦者)です。
日本共産党としても、この地では32年ぶりとなる県議会選挙です。

政治とお金・スキャンダルの問題、戦争立法阻止・憲法守るかなど、
川西市民と猪名川町民の良識が問われる選挙です。

憲法を守る立場は私だけ、
お金とスキャンダルの問題でも綺麗なのは私だけ
オール与党に対して、住民の立場に立つのも日本共産党の私だけ

※維新の党は、選挙目前の3月議会で予算案に反対したらしいです。
 オール与党から抜けようとしたみたいですが、先日の討論会では
 「(与党だったはずなのに)対案も示さず、討論もせずに反対とは
 けしからん」と怒られてました。ごもっともな意見です。

 日本共産党は、予算組み換え(対案)を示して反対討論もしてます。

この選挙、何としても勝たねばなりません。

明日からの県議選、
力の限りを尽くしてたたかいます。

みなさんのご支援、よろしくお願いします。

2015年3月31日火曜日

3・29兵庫県議選 公開討論会について

3月29日(日)に猪名川町のイナホールで公開討論会がありました。
主催は川西青年会議所(JC)さんで、4月に行われる県議会議員選挙の
予定候補者が集まっての討論です。

コーディネータは、神戸夙川学院大学教授の河内厚郎氏。
パネラーは、予定候補者で私・吉岡けんじと、加茂氏(自)、しの木氏(無・公)、
越田氏(民)、小西氏(維)の5人です。

討論テーマは以下の3点。

・政務活動費
・兵庫県の財政問題
・地方創生

会場は満席で高校生からご年配の方まで200人程が参加されてました。
テーマについて、パネラーが順に2,3分自身の考えを訴え、その後に討論。
一つ目の政務活動費については、スルーと終わってしまいました。

財政問題では、私は県政の2つのゆがみ(行革による福祉・医療の切り捨て、
大企業呼び込みのムダ使い)を正さなくてならいと発言。
おまけで、議員の年末ボーナス引上げを批判したことにより、議論がそこに
偏ってしまいました。(ちょっと失敗)

人事院勧告で決まったことなので変えれないと現職たちの発言。
しの木氏は、「予算案には賛成したが返還した、反対したのに受け取った」
と日本共産党を批判しました。

小西氏が「返還(寄付)は違法になるはず」と問いただすと、
「供託金として国庫に返還」としの木氏。

私は残念ながらこの時点では、我が党県議団の対応について、知識不足
だった為、あまり反論できずに終了。

「問題があったにもかかわらずボーナスアップはモラルとしてどうか?」と
だけ問いました。

越田氏が、政務活動費で問題があった年にボーナスアップしたことに
ついて、「(人事院勧告だったとしても)センスが無かった」と言ってました。
対立候補ですが、市民感覚のある人が居て、ちょっと安心。

県議団に申し訳ないのでこの場でこの問題について説明させてもらいます。

まず、人事院勧告で決まったとしても、議会で反対することができるし、予算
修正をすることも出来ます。でなければ、議会で議論する意味がない。
なので、現職3人の言ったことは、まず矛盾がある。

しの木氏の言う「供託金」として返還は、国庫になるが県の財政にはならない。
そのため、日本共産党県議団は、この金額を議員団財政としてプールして
おき、引退・辞職した際に県に寄付することに決めたとのこと。

このことに時間を使い、財政本質の討論があまりできず次テーマの地方創生に。

地方創生は、「なぜ地方が疲弊したのか」をちゃんと議論し、そこから進むべき。
アベノミクスと消費税増税により地方が疲弊していること、福祉や医療、若者の
雇用が切り捨てられていることにより少子高齢化も進んだ。

福祉・医療・子育て施策を重視すべきと訴えました。

残念ながら、新名神&その周辺開発の話ばかりになってしまいました。
加茂氏より、県議団は新名神&周辺道路の開発に反対していると指摘された
ものの、私は地元川西市と猪名川町議員団の対応しか知らなかったために、
県議団の対応(&反対の理由など)は分からないと回答しました。

その後、確認しましたのでこの場で説明します。

まず、私が発言した通り、日本共産党の川西市議、猪名川町議としては
新名神高速周辺の開発について現時点は反対してません。
ただし、建設が始まる前は自然破壊や周辺環境の悪化を懸念して反対
をしていました。

一方、「県議団としては開発反対」は、加茂氏の言うとおりでした。

現時点では県議団と地元自治体とで不一致の状態です。
県(宝塚)としては、環境保護や住民として道路建設に反対している。

県議団によると、こうした事例はよくあるみたいです。
一方の地域の利益が、もう一方の利益と異なる場合があるために生じる
事例との事。

このことは、今後は党内(県議団と市議・町議)での議論が必要です。
そのためにも、党内で地元(川西市・猪名川町)の県議が必要になるなぁ
と感じました。

最後に小西氏に対して、河内氏が「どこの市長になりたい?」と質問したことを
きっかけに、現伊丹市議として伊丹市民への責任論や、地域選出である県議
の役割などの話で討論...私はあまり絡みませんでした。

最後の一言として30秒タイム。
「地方選挙ですが、安倍政権の暴走ストップの審判をする、そして憲法九条を
守り、若者・子ども達を戦地に送らせないための大切な選挙」と訴えました。

あっと言う間の2時間でした。
その後、参加者たちとのレセプションでは、参加していた学生たちと対話。
「話はどうでしたか?」と聞くと「分かり難かった」と厳しい評価。
「分かり易く話さないといけませんね」と反省。

「なぜ政治家をめざしたのか?」と聞かれたので、自身の入党のきっかけなど
を話しました。
「日本共産党は、政治家になりたい人の集まりではなく、社会を変革したい
人の集まりです」というと驚かれました。
「政党とは政治家になりたい人の集まり」と思われていたみたいです。

政党助成金制度により政党を渡り歩く人たちが増えたためか、客観的に見た
政党政治の見方なのかな。政党政治が腐敗・堕落にしている表れです。

いろいろと話をしているうちに終了時間。
最後に参加者全員で記念撮影して終わりました。

投票率を上げるため。
選挙について、政治について考えて欲しいと企画された討論会。
とてもいい企画です。

参加者のみなさん、ご来場有難うございました。
青年会議所のみなさん、開催有難うございました。

以上。

2015年3月30日月曜日

出発式のご案内

いよいよ、4月3日告示の週となりました。
事前の行事は、昨日の討論会で一段落しましたが、
総選挙に続く3度目の選挙ですが緊張しますね。(^_^;)

昨日の朝、新聞配達後から左背中吊った感じが続く...
(一番下の肋骨辺り...寝違い?)
討論会に向けて、緊張していたのかな?

何にしても、体調も整えていかなければなりません。

選挙本番に向け、やり残しが無いように頑張ります。
告示日は『吉岡けんじ事務所』からスタートです。


県議選挙は、市議選より2日前の金曜日が告示日です。
たくさんお集まりいただき、にぎやかに送り出し頂けると
嬉しく思います。

是非、お越しくださいませ。m(__)m

2015年3月28日土曜日

3・25演説会

3月25日(水)の夜に演説会を開催しました。
平日の夜開催でしたが、たくさんの方にご来場いただき、
元気をいただきました。

応援の松岡弁護士がこの選挙は平和・憲法九条を守る選挙と、
子育て中の杉原さんが子育て施策の充実(中学卒業までの医療
費の完全無料化)を何としてもと訴えてくれました。
有難うございました。

そして、私も今回の県議選への決意と政策を訴えました。

・川西市での県議選は32年ぶり、県政を身近に   

・自身、約半年で3度目の選挙、3度目の正直に   

・安倍自公政権から、憲法9条・平和を守る大事な選挙

・政務活動費の不正を無くす為にも日本共産党を躍進

・県政の2つのゆがみ(行革による福祉・医療切り捨て、
大企業呼び込み)を正し、福祉・医療・子育ての充実、
いのちとくらしを守る県政に変えます。         

その後、来年の参議院選挙予定候補の金田峰生さんが、
国政問題、県政の実績、日本共産党の政策・役割などを
分かりやすく、熱く語っていただきました。

来て頂いた方も元気いっぱいで、見送りでは「頑張ろう!」
「今度こそ絶対勝たなあかん!」と強い握手を交わしました。
さあ、今日は土曜日、告示前の最後の週末、
頑張ってまいります!

2015年3月26日木曜日

日々駆け回ってます

いよいよ、告示1週間前となってきました。

昨日の演説会も無事に終了し、次のイベントは3月29日(日)に
行われる公開討論会です。

JCI(青年会議所)が主催する公開討論会
「私たちの投票で未来を決めるんだ!」

日時:3月29日(日) 14:00~16:30(受付/13:45)
場所:猪名川町文化体育館(イナホール)小ホール
    兵庫県川辺郡猪名川町白金1-74-24

兵庫県議会議員選挙の立候補予定者で討論します。
もちろん、私も参加します。

是非、お越しくださいませ。

さて、日々街頭での訴える中、街の反応も良くなってきてます。
特に「戦争する国づくり」に対しての怒りの声が毎日届きます。

「あいつ(安倍総理)おかしいで」
「戦争はあかん」
「憲法(九条)守ってね」
「もう、あんたとこ(日本共産党)しかない」

などなど、演説していると、すぐ近くを通り掛かり、
ささやく様に「頑張って!」という方もたくさん。(^o^)

保守も革新も超えて、戦争反対・憲法守れの声が
私たち日本共産党に集まってきてます。

この声に応えるべく、県議選を全力で頑張ります!
後援会の決起集会・総会、各地での宣伝活動、看板掲示などなど



2015年3月23日月曜日

この間の活動報告

おはようございます。
なかなかブログ更新、FB投稿ができない日々が続いてます。
一日の活動を終え、家に帰って食事をして「ちょっと休憩」が「長い睡眠」となる。
おかげさまで、体の方は調子良いのですが。(笑)

さて、この間の状況を少し報告します。
3月200回の街頭演説を個人目標として、各地で訴えてます。

3月19日:丸山台、松尾台、大和西
 夕方には、畦野駅前(コープ前)で1時間宣伝。
 テレビ(DTV)関係の仕事をしていた時にお世話になった、R社のHさんから激励を受けました。
 お互い違う道(転職)に進むことになりましたが、人生まだまだ頑張っていきたいです。

3月20日:矢問、向陽台、新田、多田院、西多田
 北野市議といっしょに、多田地域を回りました。

3月21日:猪名川デー
 道の駅、猪名川荘苑、伏見台、松尾台、若葉、白金、そしてイオン前で1時間

3月22日:多田デー
 朝は地元の久代周辺から、小花、絹延、出在家と宣伝カーを走らせ、
 11時から多田後援会の総会でご挨拶。
 「日本共産党の話を聞いてみたい」と初めて参加される方も居られ、私の挨拶
 のあと、みんなで今の政治について話をしました。
 この総会での話は良かったので、別途で報告できればと思います。

今朝はひばりヶ丘花屋敷駅で朝宣。
宝塚のねりき恵子さん・たぶち静子さん後援会のみなさんも居られる中、
いっしょに宣伝させていただきました。(^^)v
総選挙でいっしょだったみなさんです。共に頑張っていきましょう!
違う改札では、維新の会も宣伝されてました。
宝塚市は市議選もあるので、駅頭宣伝の場所取りは熾烈です。

さあ、今日はこれから猪名川デーです。
頑張って訴えてきます!




2015年3月17日火曜日

堀内さんとの街頭演説


3月14日の土曜日。
能勢口モザイクボックス前で街頭演説会を行いました。
黒田市議が司会を務められ、住田市議団長が挨拶。
私が挨拶した後、新しく国会議員となった堀内照文衆議院議員が演説。

失礼かもしれませんが、国会議員となって
迫力が増した様に感じる堀内さん。

演説内容もすばらしく、さっそく参考にさせていただきます。

それにして、緊迫してきた国会。
いっせい地方選後は、いよいよ集団的自衛権・戦争立法が
国会での対決点・テーマとなってきます。

川西市(久代)には、自衛隊があり近所・子どもらの親にも
自衛隊員がたくさん居ます。
彼らを戦地に行かさいため、人殺しにさせないためにも
ここで日本共産党が勝たなくてはいけません。

決意を新たに、頑張ってまいります。
企業・団体献金も正面から禁止を訴えれるのは
日本共産党だけです。

そう考えると、20年前(政党助成金制度が出来る前)より
かなり政治・政党の腐敗が進行してます。

いろいろな意味で、歴史の節目と実感します。

2015年3月13日金曜日

連日街頭宣伝してます。

川西市・猪名川町の各地で訴え、駅頭・スーパー前宣伝を
含めて、やっと100回を超えたところです。

全ての町目で複数回を目標にしてますが...
なかなかハードルが高く少し焦ってきました。

しかし、スーパー前では反応が特に良くて嬉しいです。
NHKの支持率調査でも、日本共産党は4.6ポイントで
支持率第3党に上昇。(^^)v

やはり、安倍政権の暴走政治にはみんな怒ってますね。
朝の平野駅での宣伝では、「日本共産党議員が増えて、
国会質問がおもしろくなった、県政も変えてくれ」と固い
握手を交わしました。

そして、号泣県議で話題となった政務調査費の不正使用、この
川西市選出の自民議員も不正が発覚しテレビを賑わしました。
政治に関心のある方々(特に年配の方など)はかなり怒ってます。

「お金にきれいな政治」と言えば、やはり日本共産党と
みなさんよく御存じです。

最近、ちょっと驚きの情報がありました。
「企業団体献金を禁止できるのは、しがらみがない維新だけ」
と、維新の党が宣伝しているらしいです。

国政では安倍首相と同じように補助金を受け取った企業から
献金を受け取り、パーティ券による企業献金を継続させる。
何より許せないのは、政党助成金を増やせといってること。
いまどき、そんなこと言う政党あるんかい!って感じ。
「身を切る改革」はどこに行ったのやらです。

地方でも、大阪(池田市)などでは政務活動費の不正利用が
発覚したものの居直ってる状態なのに...

うーん、嘘はいけませんね。

月末に公開討論会があるので、その場で上記のような事を
発するならば、問い質そうと思います。(笑)

総選挙で経験したJCI(青年会議所)企画の公開討論会が
今回も開催されます。
3月29日(日)の14時からで、場所はイナホール(猪名川町)
ですが、のまたあらためて告知致します。

明日は、地元~能勢口周辺を自転車宣伝の計画。

12時からは、川西能勢口のモザイク前で

堀内照文衆議院議員と街頭演説会。


みなさん、是非お越しくださいませ。
日々、各地で訴えてます。


2015年3月10日火曜日

事務所開き

4月3日(金)告示、4月12日投票の兵庫県議会選挙に
向けて、3月8日(日)に事務所開きをしました。

事務所は、日本共産党・川西市委員会になります。
【住所:川西市平野2丁目1-3】

妻のスマホ写真より

少し肌寒い中、街頭で1時間弱。
後援会のみなさん、地域のみなさん、
市議さん、町議さん、地区委員長、家族など
たくさんの方々に集まっていただきました。

応援のメッセージ有難うございました。
事務所開きのあと、近くのスーパー前で1時間宣伝。
その後も、川西能勢口のアステ通路で2時間宣伝。

2つの選挙(市政・国政)をたたかってきたこともあり、
演説内容は頭の中にたくさん入ってます。(^^ゞ

ロングラン宣伝では、いろいろな切り口で演説しても
時間が十分あるので気持ちよく訴えることができます。

この街頭演説こそが、日本共産党の候補者の真骨頂。
国政・県政・市政、どこを切っても一貫しており、
政策で他党候補を圧倒できます。

街頭での訴えは、7~10分にまとめなければならず、
毎日10回演説して、自分で納得できる内容が1,2回...
本番に向けて、打率上げなければなりません。

残り1ヵ月ほど、全力で頑張ってまいります!

2015年2月14日土曜日

多田後援会での市政報告会

先週に続いて、今日は多田後援会市政報告会があり、
冒頭お時間をいただいて挨拶をさせて頂きました。
多田近傍のみなさん、あらためましてよろしくお願いします。(^^ゞ


プレゼンを駆使して報告をする北野市議。

ご当地で活動されている北野市議がパワポでプレゼン。
すばらしい。
視覚的に見れて、説明も判りやすくて良かったです。(^_^)v
(ちょっと仕事時代を思い出しました。)

市の提示してきた来年度予算案では、とうとう総額1千億円
超える会計案になったとのこと。
史上最大になるらしいですが、けっして、税収が伸びてる
わけでは無いので、借金が増加するとのこと。(痛!)

<事業としての問題点>

①公共施設等再配置計画Ver.Ⅱ(Ver.Ⅰもあるので追加って意味)
幼保一体施設を新設し、その正面に消防署も作るって話と、
塩漬けとなっている松山浄水所跡地活用プランなど。

突然の幼保一体施設建設計画、しかもその前に消防署も新設。
すでに大きな借金を抱える川西市で、公共事業をバンバン計画
するという景気良さに違和感を感じます。
しかも子育て施設の前に消防署って、騒音、緊急車両が出入り
への安全確保など問題山積です。
計画立案した人(人たち)の顔が見てみたい。(怒)
※役人が人材・能力不足なのかな?
 それより行政で公共施設の建設ガイドラインなど無いんかな?
 などなど素朴に疑問を感じます。

出在家にある松山浄水場跡地も市が再取得して、
防災設備&防災公園を作る計画。
整備コストは、6.5億+別途1億(これも増えていきそうな話)
防災設備は大事、今年は震災20年の年ですし...
そして、この地域の公園については、過去に我々も公園化を
求めてきたことも有った様な気がします。
(元議員さんなどに聞かないとはっきりしませんが。)
予算がすごいことになってて、悩ましい話です。
これは、党内でもしっかり議論しなければなりませんね。

②市立幼稚園と保育所の再編・一体化事業計画
上記にもありますが、現存の幼稚園・保育所を廃園にして、
一体化した施設を4つ建設する計画です。

親の感覚としては、幼稚園・保育所、小学校は近所に欲しい。
吉岡家も、川西市へ移転の際はそこを基準にして今の場所に
移ってきました。
自慢じゃないですが、保育所・幼稚園へは徒歩1分。小学校へ
は徒歩5分。中学校・次女の高校は徒歩10分ちょっと。
おかげで、駅はちょっと遠いです。(^^ゞ

さて、一体化した子育て施設、中学校区に一つにするという
ことですから構想自体に問題有りです。
こういうことを計画する人は、どんな神経をしているのだろう。
そして、議会の委員会で説明があったらしいですが、他会派は
その場で質問無しのスルー状態(共産党以外はオール与党)。

折しも今日は末娘の発表会で、午前は久代幼稚園に行って
ビデオ係をしてました。長女の時は20人オーバーの3クラス
だった幼稚園も15人ほどの2クラスになってました。

子どもたちも減ってますが、親が共働きで公立幼稚園に通わ
せれない等の問題もあります。
保育所はというと、現時点で待機児童が200人を超えていると
のことでした。

今回の計画は、このミスマッチの解消を図ろうとの計画ですが、
大型施設を作って既存園を無くすというのはおかしな話です。
「小学校区に保育所を増設する」、これこそ今すべきことです。


③国民健康保険税の税率改定(引き上がります。)
今、川西市では国保加入者が人口4割を超えたとのことです。
高齢化と非正規雇用が増えており、加入者が増加しており
予算が不足(赤字)になる。
基金を切り崩して、引き上げを止めていましたが、もう基金は
使わず、一般会計からも引き下げには使わないというのが、
現市長の方針らしい。

そして、国は2018年に県単位への広域化を計画しており、
それに乗っかろうとしています。
「県単位になると、負担が上がることになる、今の内に少し
上げておいて均しておいた方がいい」との話。
開いた口が塞がりません。
「ハンドマイク貸したるから、駅前など市民を前で同じこと
言ってみ」と言いたい。(怒)

どの問題も、選挙が終わると市民には厳冬が襲ってきます。
共産党議員団には、議会で大いに奮闘していただいて、
何とか市民サービスを守って欲しいです。

いずれにしても、3月議会は大きく荒れそうです。
(正直、自身の県議選が無ければ、傍聴に行きたい。)

P.S.
うっかり、メモを取らずに聞き入ってしまいましたので、閲覧
された方、間違い・誤解あればご指摘頂けると助かります。

北野議員、お疲れ様でした。
そして、せっかくのプレゼン、議員の居ない中部地域や
清和台・けやき地域でも、ぜひ開催して欲しいです。

2015年2月11日水曜日

今度は兵庫県議選に出ます!

遅い時間でのお知らせとなりますが、今度は兵庫県議選に立候補することになりました。
本日(2/10)の午後3時30分より、兵庫県庁内記者クラブにて記者会見しましたので、明日の新聞で掲載される予定です。

10月の川西市議選、年末の総選挙に続いて約半年で3つの選挙に出るという特異?な経験をすることになります。(笑)

兵庫県議会選挙は、いっせい地方選挙の前半になり4月3日(金)告示、4月12日(日)投開票でおこなわれます。私が立候補する選挙区は「川西市及び川辺郡(猪名川町)」で定数3です。

兵庫県議といえば、皆さんも記憶にある通り号泣会見で全国区(ある意味全世界)を騒がせました。そして、「政務活動費」が不正使用されていた事実が他の会派にも広がっていきました。

私のたたかう選挙区から自民党公認現職議員もその一人で、政務活動費で九州に夫婦旅行に行ったり、視察の際に購入した絵画を政務活動費に計上したことが報道されました。

政務活動費は、2001年より自治法改正により支給されるようになりましたが、日本共産党県議団は2001年3月議会より議案提案権を失う2006年まで5回に渡って領収書添付と公開を必要とする条例を提出してきました。

議案提案権を失った後も、一致点での共同を追求して粘り強く提案し11年に当選された議員から領収書添付と公開が適用されました。そして、神戸新聞社が不正着服に気づき報道に至ったわけです。

詳細は兵庫民報の記事を参照ください。
http://hyogo-minpo.blogspot.jp/2014/08/blog-post_45.html


川西市議選では「開発優先からくらし・福祉・子育て優先の政治に、国・県いいなりで福祉を切り捨てるな」と訴え、総選挙では、5つの転換「消費税反対・アベノミクスをやめ、くらし福祉優先に転換・日本を海外で戦争する国づくりをストップ、原発再稼働ストップ・原発ゼロの日本に、沖縄の米軍新基地建設を中止」とお金にきれいな政治を訴えてきました。

まさに、今回の県議選では、2つの選挙で訴えてきたことをそのままぶつけることができます。

地方議員は、国政に住民の声を届ける重要な責務があるわけです。
そして、市議選で訴えた住民要求(子ども医療費、国保税の引き下げなど)も大いに訴えます。


日本共産党としては、県議選では現有5議席から10議席以上を目指してたたかいます。
この選挙区で日本共産党が候補者を立ててたたかうのは、実に32年ぶりになるとのことです。
前回選挙時より、定数が2から3に増えており、十分にチャンスのある選挙区でもあります。
必死で議席を取りにいこうと思います。

皆さんの大きなご支援をよろしくお願い申し上げます。

2015年2月5日木曜日

川西市市政懇談会を開催します!

◆◆市政懇談会◆◆

2月7日(土)午前10時~12時

 アステ川西市民プラザ(6階)「ルーム1」

日本共産党川西市会議員団


2月14日(土)午後1時~3時

土谷コミュニティ会館(2階)

日本共産党川西多田後援会


12月議会の報告と、来年度(2015年度)に向けての懇談会です。

明後日開催と急な告知となってしまいました。(^^ゞ

新しい市政がどう進んでいるのかを市民の皆さんに知って欲しいし、

皆さんのご意見もお聞きしたいと思っての懇談会です。

日本共産党が、昨年の市議選で訴えたこと。

開発からくらし・福祉優先に!

国・県いいなりに福祉を切り捨てるな!

子育ていちばんの川西に!

新しくなった市議会ではどの様に議論が進んでいるのでしょうか。

特に子ども、子育てについて、市は幼稚園・保育所の統廃合を計画してます。

ぜひぜひご参加くださいませ。

2015年1月9日金曜日

新年 初更新!

新年、明けましておめでとうございます。

いやぁ、9日に新年のご挨拶となりお恥ずかしい限りです。

またまた、久しぶりのブログ更新となってしまいました。(^^ゞ
ブログに載せたいことがいっぱい有ったものの、まったく手付かずのまま日が経っていきます。

各行政区ごとの総選挙お礼挨拶回りがようやく一区切りしました。
しかし、市議選でお世話になった地域の方々への訪問挨拶が、ほとんど出来ておらず恐縮の限りです。

そんな中ですが、年明けより次の仕事に取り掛かってます。

今日は日刊紙の配達をしました。
私の居住地と異なるところで、土地勘のあまり無いところを下見も中途半端なまま、地図を頼りに走り出しましたが、迷いに迷って3時間近く掛ってしまいました。(T_T)

選挙中に若干通った地域と思って甘く見てましたが、車(宣伝カー)の助手席で見る風景と、暗がりの中自分で走る景色とは全く別物ですね。いやぁ...ほんとに参りました。

山岳コースで時折見える夜景は美しいものの、スクーターでも苦しいくらいの登坂道です。
おまけに路面は濡れてるしでハンドル&ブレーキ操作もかなり緊張しました。(寒いし)

全ての配達が完了し平地に出た際には6時半を回ってましたが、嬉しくてハイになりました。(笑)
しかし、早朝配達は本当に大変と感じました。
この任務に当たられている先輩・同志の皆さんにはあらためて敬意を表します。

『しんぶん赤旗』は、日本共産党が国民との繋がりを築き、そして財政を支える機関紙です。
発行するのも大変、配るのも大変、そして読むのも大変ですが(笑)、秘密保護法が施行され、自民党政治の翼賛化が進む中、本当に大事な役割を担っていきます。

一般紙やインターネットのニュースと合わせて、いろいろな角度で物事を見ることができますので、ぜひ読んでみて購読いただければ幸いです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/
※毎日発行の日刊紙と、週発行の日曜版の2種類ございます。
 見本紙も用意しております。

さてさて、話は変わって明日1月10日(土)は、伊丹市と川西市で『新春のつどい』が開催されます。

伊丹市:いたみホール地下多目的ホール 【午後2時より】

川西市:川西市文化会館1階 大集会室 【午後3時半より】

ぜひぜひご参加ください。

さあ、いよいよいっせい地方選挙が目前に迫ってきました。
頑張って行きましょう!