2015年3月31日火曜日

3・29兵庫県議選 公開討論会について

3月29日(日)に猪名川町のイナホールで公開討論会がありました。
主催は川西青年会議所(JC)さんで、4月に行われる県議会議員選挙の
予定候補者が集まっての討論です。

コーディネータは、神戸夙川学院大学教授の河内厚郎氏。
パネラーは、予定候補者で私・吉岡けんじと、加茂氏(自)、しの木氏(無・公)、
越田氏(民)、小西氏(維)の5人です。

討論テーマは以下の3点。

・政務活動費
・兵庫県の財政問題
・地方創生

会場は満席で高校生からご年配の方まで200人程が参加されてました。
テーマについて、パネラーが順に2,3分自身の考えを訴え、その後に討論。
一つ目の政務活動費については、スルーと終わってしまいました。

財政問題では、私は県政の2つのゆがみ(行革による福祉・医療の切り捨て、
大企業呼び込みのムダ使い)を正さなくてならいと発言。
おまけで、議員の年末ボーナス引上げを批判したことにより、議論がそこに
偏ってしまいました。(ちょっと失敗)

人事院勧告で決まったことなので変えれないと現職たちの発言。
しの木氏は、「予算案には賛成したが返還した、反対したのに受け取った」
と日本共産党を批判しました。

小西氏が「返還(寄付)は違法になるはず」と問いただすと、
「供託金として国庫に返還」としの木氏。

私は残念ながらこの時点では、我が党県議団の対応について、知識不足
だった為、あまり反論できずに終了。

「問題があったにもかかわらずボーナスアップはモラルとしてどうか?」と
だけ問いました。

越田氏が、政務活動費で問題があった年にボーナスアップしたことに
ついて、「(人事院勧告だったとしても)センスが無かった」と言ってました。
対立候補ですが、市民感覚のある人が居て、ちょっと安心。

県議団に申し訳ないのでこの場でこの問題について説明させてもらいます。

まず、人事院勧告で決まったとしても、議会で反対することができるし、予算
修正をすることも出来ます。でなければ、議会で議論する意味がない。
なので、現職3人の言ったことは、まず矛盾がある。

しの木氏の言う「供託金」として返還は、国庫になるが県の財政にはならない。
そのため、日本共産党県議団は、この金額を議員団財政としてプールして
おき、引退・辞職した際に県に寄付することに決めたとのこと。

このことに時間を使い、財政本質の討論があまりできず次テーマの地方創生に。

地方創生は、「なぜ地方が疲弊したのか」をちゃんと議論し、そこから進むべき。
アベノミクスと消費税増税により地方が疲弊していること、福祉や医療、若者の
雇用が切り捨てられていることにより少子高齢化も進んだ。

福祉・医療・子育て施策を重視すべきと訴えました。

残念ながら、新名神&その周辺開発の話ばかりになってしまいました。
加茂氏より、県議団は新名神&周辺道路の開発に反対していると指摘された
ものの、私は地元川西市と猪名川町議員団の対応しか知らなかったために、
県議団の対応(&反対の理由など)は分からないと回答しました。

その後、確認しましたのでこの場で説明します。

まず、私が発言した通り、日本共産党の川西市議、猪名川町議としては
新名神高速周辺の開発について現時点は反対してません。
ただし、建設が始まる前は自然破壊や周辺環境の悪化を懸念して反対
をしていました。

一方、「県議団としては開発反対」は、加茂氏の言うとおりでした。

現時点では県議団と地元自治体とで不一致の状態です。
県(宝塚)としては、環境保護や住民として道路建設に反対している。

県議団によると、こうした事例はよくあるみたいです。
一方の地域の利益が、もう一方の利益と異なる場合があるために生じる
事例との事。

このことは、今後は党内(県議団と市議・町議)での議論が必要です。
そのためにも、党内で地元(川西市・猪名川町)の県議が必要になるなぁ
と感じました。

最後に小西氏に対して、河内氏が「どこの市長になりたい?」と質問したことを
きっかけに、現伊丹市議として伊丹市民への責任論や、地域選出である県議
の役割などの話で討論...私はあまり絡みませんでした。

最後の一言として30秒タイム。
「地方選挙ですが、安倍政権の暴走ストップの審判をする、そして憲法九条を
守り、若者・子ども達を戦地に送らせないための大切な選挙」と訴えました。

あっと言う間の2時間でした。
その後、参加者たちとのレセプションでは、参加していた学生たちと対話。
「話はどうでしたか?」と聞くと「分かり難かった」と厳しい評価。
「分かり易く話さないといけませんね」と反省。

「なぜ政治家をめざしたのか?」と聞かれたので、自身の入党のきっかけなど
を話しました。
「日本共産党は、政治家になりたい人の集まりではなく、社会を変革したい
人の集まりです」というと驚かれました。
「政党とは政治家になりたい人の集まり」と思われていたみたいです。

政党助成金制度により政党を渡り歩く人たちが増えたためか、客観的に見た
政党政治の見方なのかな。政党政治が腐敗・堕落にしている表れです。

いろいろと話をしているうちに終了時間。
最後に参加者全員で記念撮影して終わりました。

投票率を上げるため。
選挙について、政治について考えて欲しいと企画された討論会。
とてもいい企画です。

参加者のみなさん、ご来場有難うございました。
青年会議所のみなさん、開催有難うございました。

以上。

2015年3月30日月曜日

出発式のご案内

いよいよ、4月3日告示の週となりました。
事前の行事は、昨日の討論会で一段落しましたが、
総選挙に続く3度目の選挙ですが緊張しますね。(^_^;)

昨日の朝、新聞配達後から左背中吊った感じが続く...
(一番下の肋骨辺り...寝違い?)
討論会に向けて、緊張していたのかな?

何にしても、体調も整えていかなければなりません。

選挙本番に向け、やり残しが無いように頑張ります。
告示日は『吉岡けんじ事務所』からスタートです。


県議選挙は、市議選より2日前の金曜日が告示日です。
たくさんお集まりいただき、にぎやかに送り出し頂けると
嬉しく思います。

是非、お越しくださいませ。m(__)m

2015年3月28日土曜日

3・25演説会

3月25日(水)の夜に演説会を開催しました。
平日の夜開催でしたが、たくさんの方にご来場いただき、
元気をいただきました。

応援の松岡弁護士がこの選挙は平和・憲法九条を守る選挙と、
子育て中の杉原さんが子育て施策の充実(中学卒業までの医療
費の完全無料化)を何としてもと訴えてくれました。
有難うございました。

そして、私も今回の県議選への決意と政策を訴えました。

・川西市での県議選は32年ぶり、県政を身近に   

・自身、約半年で3度目の選挙、3度目の正直に   

・安倍自公政権から、憲法9条・平和を守る大事な選挙

・政務活動費の不正を無くす為にも日本共産党を躍進

・県政の2つのゆがみ(行革による福祉・医療切り捨て、
大企業呼び込み)を正し、福祉・医療・子育ての充実、
いのちとくらしを守る県政に変えます。         

その後、来年の参議院選挙予定候補の金田峰生さんが、
国政問題、県政の実績、日本共産党の政策・役割などを
分かりやすく、熱く語っていただきました。

来て頂いた方も元気いっぱいで、見送りでは「頑張ろう!」
「今度こそ絶対勝たなあかん!」と強い握手を交わしました。
さあ、今日は土曜日、告示前の最後の週末、
頑張ってまいります!

2015年3月26日木曜日

日々駆け回ってます

いよいよ、告示1週間前となってきました。

昨日の演説会も無事に終了し、次のイベントは3月29日(日)に
行われる公開討論会です。

JCI(青年会議所)が主催する公開討論会
「私たちの投票で未来を決めるんだ!」

日時:3月29日(日) 14:00~16:30(受付/13:45)
場所:猪名川町文化体育館(イナホール)小ホール
    兵庫県川辺郡猪名川町白金1-74-24

兵庫県議会議員選挙の立候補予定者で討論します。
もちろん、私も参加します。

是非、お越しくださいませ。

さて、日々街頭での訴える中、街の反応も良くなってきてます。
特に「戦争する国づくり」に対しての怒りの声が毎日届きます。

「あいつ(安倍総理)おかしいで」
「戦争はあかん」
「憲法(九条)守ってね」
「もう、あんたとこ(日本共産党)しかない」

などなど、演説していると、すぐ近くを通り掛かり、
ささやく様に「頑張って!」という方もたくさん。(^o^)

保守も革新も超えて、戦争反対・憲法守れの声が
私たち日本共産党に集まってきてます。

この声に応えるべく、県議選を全力で頑張ります!
後援会の決起集会・総会、各地での宣伝活動、看板掲示などなど



2015年3月23日月曜日

この間の活動報告

おはようございます。
なかなかブログ更新、FB投稿ができない日々が続いてます。
一日の活動を終え、家に帰って食事をして「ちょっと休憩」が「長い睡眠」となる。
おかげさまで、体の方は調子良いのですが。(笑)

さて、この間の状況を少し報告します。
3月200回の街頭演説を個人目標として、各地で訴えてます。

3月19日:丸山台、松尾台、大和西
 夕方には、畦野駅前(コープ前)で1時間宣伝。
 テレビ(DTV)関係の仕事をしていた時にお世話になった、R社のHさんから激励を受けました。
 お互い違う道(転職)に進むことになりましたが、人生まだまだ頑張っていきたいです。

3月20日:矢問、向陽台、新田、多田院、西多田
 北野市議といっしょに、多田地域を回りました。

3月21日:猪名川デー
 道の駅、猪名川荘苑、伏見台、松尾台、若葉、白金、そしてイオン前で1時間

3月22日:多田デー
 朝は地元の久代周辺から、小花、絹延、出在家と宣伝カーを走らせ、
 11時から多田後援会の総会でご挨拶。
 「日本共産党の話を聞いてみたい」と初めて参加される方も居られ、私の挨拶
 のあと、みんなで今の政治について話をしました。
 この総会での話は良かったので、別途で報告できればと思います。

今朝はひばりヶ丘花屋敷駅で朝宣。
宝塚のねりき恵子さん・たぶち静子さん後援会のみなさんも居られる中、
いっしょに宣伝させていただきました。(^^)v
総選挙でいっしょだったみなさんです。共に頑張っていきましょう!
違う改札では、維新の会も宣伝されてました。
宝塚市は市議選もあるので、駅頭宣伝の場所取りは熾烈です。

さあ、今日はこれから猪名川デーです。
頑張って訴えてきます!




2015年3月17日火曜日

堀内さんとの街頭演説


3月14日の土曜日。
能勢口モザイクボックス前で街頭演説会を行いました。
黒田市議が司会を務められ、住田市議団長が挨拶。
私が挨拶した後、新しく国会議員となった堀内照文衆議院議員が演説。

失礼かもしれませんが、国会議員となって
迫力が増した様に感じる堀内さん。

演説内容もすばらしく、さっそく参考にさせていただきます。

それにして、緊迫してきた国会。
いっせい地方選後は、いよいよ集団的自衛権・戦争立法が
国会での対決点・テーマとなってきます。

川西市(久代)には、自衛隊があり近所・子どもらの親にも
自衛隊員がたくさん居ます。
彼らを戦地に行かさいため、人殺しにさせないためにも
ここで日本共産党が勝たなくてはいけません。

決意を新たに、頑張ってまいります。
企業・団体献金も正面から禁止を訴えれるのは
日本共産党だけです。

そう考えると、20年前(政党助成金制度が出来る前)より
かなり政治・政党の腐敗が進行してます。

いろいろな意味で、歴史の節目と実感します。

2015年3月13日金曜日

連日街頭宣伝してます。

川西市・猪名川町の各地で訴え、駅頭・スーパー前宣伝を
含めて、やっと100回を超えたところです。

全ての町目で複数回を目標にしてますが...
なかなかハードルが高く少し焦ってきました。

しかし、スーパー前では反応が特に良くて嬉しいです。
NHKの支持率調査でも、日本共産党は4.6ポイントで
支持率第3党に上昇。(^^)v

やはり、安倍政権の暴走政治にはみんな怒ってますね。
朝の平野駅での宣伝では、「日本共産党議員が増えて、
国会質問がおもしろくなった、県政も変えてくれ」と固い
握手を交わしました。

そして、号泣県議で話題となった政務調査費の不正使用、この
川西市選出の自民議員も不正が発覚しテレビを賑わしました。
政治に関心のある方々(特に年配の方など)はかなり怒ってます。

「お金にきれいな政治」と言えば、やはり日本共産党と
みなさんよく御存じです。

最近、ちょっと驚きの情報がありました。
「企業団体献金を禁止できるのは、しがらみがない維新だけ」
と、維新の党が宣伝しているらしいです。

国政では安倍首相と同じように補助金を受け取った企業から
献金を受け取り、パーティ券による企業献金を継続させる。
何より許せないのは、政党助成金を増やせといってること。
いまどき、そんなこと言う政党あるんかい!って感じ。
「身を切る改革」はどこに行ったのやらです。

地方でも、大阪(池田市)などでは政務活動費の不正利用が
発覚したものの居直ってる状態なのに...

うーん、嘘はいけませんね。

月末に公開討論会があるので、その場で上記のような事を
発するならば、問い質そうと思います。(笑)

総選挙で経験したJCI(青年会議所)企画の公開討論会が
今回も開催されます。
3月29日(日)の14時からで、場所はイナホール(猪名川町)
ですが、のまたあらためて告知致します。

明日は、地元~能勢口周辺を自転車宣伝の計画。

12時からは、川西能勢口のモザイク前で

堀内照文衆議院議員と街頭演説会。


みなさん、是非お越しくださいませ。
日々、各地で訴えてます。


2015年3月10日火曜日

事務所開き

4月3日(金)告示、4月12日投票の兵庫県議会選挙に
向けて、3月8日(日)に事務所開きをしました。

事務所は、日本共産党・川西市委員会になります。
【住所:川西市平野2丁目1-3】

妻のスマホ写真より

少し肌寒い中、街頭で1時間弱。
後援会のみなさん、地域のみなさん、
市議さん、町議さん、地区委員長、家族など
たくさんの方々に集まっていただきました。

応援のメッセージ有難うございました。
事務所開きのあと、近くのスーパー前で1時間宣伝。
その後も、川西能勢口のアステ通路で2時間宣伝。

2つの選挙(市政・国政)をたたかってきたこともあり、
演説内容は頭の中にたくさん入ってます。(^^ゞ

ロングラン宣伝では、いろいろな切り口で演説しても
時間が十分あるので気持ちよく訴えることができます。

この街頭演説こそが、日本共産党の候補者の真骨頂。
国政・県政・市政、どこを切っても一貫しており、
政策で他党候補を圧倒できます。

街頭での訴えは、7~10分にまとめなければならず、
毎日10回演説して、自分で納得できる内容が1,2回...
本番に向けて、打率上げなければなりません。

残り1ヵ月ほど、全力で頑張ってまいります!