2015年7月13日月曜日

川西市の大型ごみ処理の有料化問題3

川西市の6月議会において、大型ごみ処理の有料化条例が採決されました。
5月18日に連絡会を立ち上げ、この間街頭宣伝や署名活動に取り組んできました。

署名はわずか1か月ほどで5442筆が集まり市に提出しました。
今も、事務所にFAXや郵送で送られて増えています。



住民に全く説明せず、そして反対・懸念する声も聞かない川西市政、市議会。
厚生常任委員会では、我々が発行するビラに応じるかのごとく3度も変更された
当局説明資料が配布されてました。
当初の目的すらなくなり、「減量化のため」と押し切る大塩市長。

そして、審議では賛成討論がまったくなく、懸念事項が次々と出てくる中、
採決ではなぜか賛成多数となりました。
マジで許せません。(怒)

議会最終日(6/29)には、宮坂市議(市民自治クラブ)と黒田市議
(日本共産党)が反対討論しました。

斯波市議(明日のかわにし)が賛成討論するものの、賛成理由を言う事も
なく、有料化する代わりにサービスの向上を訴えるだけになってました。
・マンション住民にも戸別収集すること
・南部や中部にリサイクルセンターを作ること
※有料化によって生じる、新たな不公平を作らないようにとの意で、
 それなりに評価できる内容ですが...
 そもそも有料化せずに、現状のまま無料にしておくことが一番公平です。

当局案に対して、賛成とも反対とも討議もできず、あっさりと「賛成」してしま
っては、「行政のチェック機能」であるはずの議会が形骸化してしまっている
と言わざるを得ません。

先日、連絡会の世話人会を行いました。
①この結果を市民に知らせていこう。
②実施するまで、議会で出た懸念事項を反映させていくかしっかり監視しよう。
③そして、「実施させない」運動を引き続きしていこう。

との意思統一をしました。
みなさんには、逆に励まされるばかりです。

今週、7月16日は、「まち研カフェ」を開催します。
※7月8日のブログ参照...

ごみ問題も、川西市政についても『市民の目』
しっかりチェックしていきます。

P.S.
ちょっと台風が心配...

0 件のコメント:

コメントを投稿