2015年10月12日月曜日

川西市の大型ごみ有料化 説明会

久代新生会自治会が本日開催しました。
いま、川西内の各地でこの説明会が開催されています。


連休最後の日、夜7時開催で参加者20人弱と少な目。
開始前に参加者から「みんな気にならないのかしら」という声も。

冒頭、自治会長が「反対の意見・質問はしないでください」
前置きされてから、市の環境部美化推進課から説明が開始。

前半20分は、大型ごみ有料化にした目的「ごみの減量化」と大型ごみ
有料化に伴う説明が20分程され、その後「ごみの出し方」を20分説明。
大型ごみではなく、ライターの捨て方、竹串、ペットボトル、トイレットペーパー
の芯や名刺などの紙資源ごみの捨て方などなど、この説明に20分も掛けて
してくれました。まー、これは非常に参考にはなりました。

しかし、これに釣られて質問も「ごみの出し方」が多数でました。
うーん...です。

大型ごみについては、ごみ回収業者「アパッチ」のことや収集場所、
不法投棄のことやまとめ出しのことなどが質問として出ました。

市職員曰く
「詳細は来年2月に説明パンフを配布しますのでそちらで」
とのこと。

まだ、実施要領が決まっておらず説明できない状態でした。
何の説明会なんだ?説明会を実施したという事実を作るため?


そして、市の説明資料にあるのは、有料化を正当化するために
作られた資料・プレゼンでした。

・他市は、大型ごみを有料化して減量したというグラフ。
 ごみ総量で、減量化を成功しているという実態は伏せてます。

 このグラフを見ると大分ごみが減りそうに見えますが、
 大型ごみはごみ総量の7%未満だという説明は有りません。
 実際には、大型ごみが半減しても3%程度しか減りません。

・阪神間の近隣市で、有料化していないのは川西市だけみたいな地図。
 これも、兵庫県で見ると、有料化している市は13/29で半数以下です。
 大阪府まで使って、川西だけが浮かび上がる地図を作るとは小賢しいです。

・大阪湾フェニックス(神戸沖埋立処理場)のH21年とH26年の比較写真。
  「このままでは、H39年度にはいっぱいになってしまい、ごみがまちに
  あふれてしまうかもしれません。」との説明。
 だからごみの減量が大事です。(これ自身には異論ありません。)

 しかし、現状の実態を市職の方に聞いたところでは、リサイクル可能な
 家具なども、国崎クリーンセンターに持ち込むと、バリバリ粉砕してしまい
 燃やしているのが実態です。
 リサイクルにはお金が掛かるため、焼却してしまうみたいですが...
 わざわざ丁寧に持ち込んだ職員さんたちはショックを受けたみたいです。
 この話を聞いたとき、私もショックを受けました。

ごみの減量化を真面目にするなら
・リサイクルセンターにその機能を果たさせる、
・製造業者と販売業者に「ごみ減量」と「販売時に不要家具などの回収」
 を義務付けするなど指導する

など、行政のできることはたくさんあります。
なのに、住民だけに負担を強いるやり方には憤りを感じます。

今回、自治会長に迷惑かけまいと遠慮し、おそらく答えられない疑問
を投げかける程度にしましたが、ちょっと悔やんでます。

何とか「大型ごみ有料化しないで!」という、住民の本当の声を届けたい。
自治会に加入していない方々は、今回の説明会は案内もない状態でした。
説明会は、1人でも2人でも開催してくれるとのことです。

他の問題や、戦争法、猪名川町の選挙などでバタバタして、少しおざなりに
してしまい、申し訳なく反省です。
しかし、「川西市の大型ごみ有料化を考える会」で、今後もしっかりと
取り組んでいこうと思います。

2015年10月7日水曜日

名神ICと湾岸線を結ぶ連絡線建設計画

事務所の宿直当番を週に一回やってます。

夜は、ゆっくりパソコンを触れる。
朝は、コーヒー飲みながらゆっくり新聞を読める。
週に一回、貴重な時間となってます。(^^ゞ

さて、フェイスブックでいろいろとため込んだ情報をアップしましたが、
本日付けの朝日新聞にも気になるニュースがありました。

西宮に連絡線建設計画
名神ICと阪神高速湾岸線結ぶ3キロ

4月の県議選でも、無駄遣いと訴えてきた、この連絡線建設計画。

国土交通省近畿地方整備局が検討しており、記事によると
「環境への影響や多額の投資をめぐり、今後、計画の是非が議論になりそうだ」
とあります。

示されている2案は次の通り
①高架案 概算事業費600~700億円
 津波が発生した際は代替道路として期待できる?
 沿道への騒音や景観への影響が懸念

②地下案 概算事業費1,200~1,300億円
 酒造りに適した西宮の地下水「宮水」への影響が心配

4月にも訴えましたが、県の調査でも「渋滞緩和の効果は見込めない」計画です。
それもそのはず、利用する人はご存じのとおり、湾岸線は六甲アイランドで
終わり下道経由で神戸線に戻らなくてなりません。
戻った摩耶は大渋滞です。

私も数年前まで、塚口から神戸方面へ行く際に利用してましたが、
神戸線の定常的な渋滞どころは生田川から摩耶、魚住辺りです。

そして、間違って湾岸線に乗ると、住吉浜で大渋滞に巻き込まれてしまいます。
年末にナビに従って利用した際には、塚口から西神中央まで3時間以上掛かりました。

この連絡線は、渋滞緩和にはまったく役に立ちません。



新聞記事では西宮市議会における9月議会での意見が紹介されてます。
「神戸以西へ行く際、高速が繋がっていればと利用するたびに思った」

ちょっと待て、西宮に住む人がこの連絡線を使うケースはすごく稀なはず。
西宮から神戸以西に行く際は、西宮か芦屋から高速使うでしょ!

この発言をした議員は、どういう生活を送っているのだろうか?
ぜひ、名前と顔写真も公開して欲しい。
(あとで、議会議事録で調べてみようっと。)

ちなみに、阪神北地域(川西、宝塚、伊丹、猪名川)からでも、神戸や
三宮に車で行くにはこの道はほぼ使いません。ナビでも設定されません。


おそらく、大阪の人もあまり名神は利用せず、阪神高速を使うでしょうし、
名神高速を使う人も湾岸線には行かないでしょう。


地方から来た、あまり道を知らない人が間違えって利用し、とんでもない
渋滞に巻き込まれるのが目に見えます。

こんなところに多額の税金を投じるなど、正気の沙汰とは思えません。
絶対、この計画案・無駄遣いは廃止に追い込みましょう。

2015年10月1日木曜日

猪名川町議会議員選挙 勝利!!!!!

9月27日投開票で行われた猪名川町議会議員選挙で
日本共産党が擁立した二名が無事に当選しました。


池上 哲男氏(現職、6期目当選)

下坊 辰雄氏(現職、8期目当選)

私は、下坊氏の選対責任者という初任務についていました。
結果が良かったのでホッとしましたが、しんどい日々でした...

戦争法が国会で強行採決された中で行われた選挙、
安倍政権への怒りの声が日本共産党に託されました。
また、選挙前に行った住民アンケートでは、病院の問題や介護
の問題、ごみ収集の問題、少子高齢化の対策など、切実な要求
がたくさん寄せられ、5つの提案として政策をまとめました。


「町民の声を町政に」をスローガンとして、
7期の信頼より8期目当選を果たした下坊氏。


猪名川町は、南北に長い町です。
下坊氏の選挙事務所も、出身地である北部柏原でスタート
し、現自宅の南部上野に中2日間異動しました。

その距離17Km。
私の家(川西市久代)から、下坊氏宅までがおよそ12Km
で、それより5Kmも遠い...

北部は、農家など集落と数十軒の集合団地があり高齢化が進んでいる。
南部は、パークタウン(若葉・白金)など、大きな集合団地があり、人口の
およそ7割を占めていますが、こちらも高齢化が進行しています。

出生率は、兵庫県平均を大きく下回り、高校生アンケートでは「将来この
町で住みたくない」という声が3割にもなってきました。

若者や子育て世代がしっかり生活できる町、いつまでも住み続けたいと
思う町にしたいと、両候補を先頭に日本共産党は訴えました。

当選したお二人には、新しい議会でも掲げた公約を実現させるために
全力を尽くしてもらいましょう。