2015年10月7日水曜日

名神ICと湾岸線を結ぶ連絡線建設計画

事務所の宿直当番を週に一回やってます。

夜は、ゆっくりパソコンを触れる。
朝は、コーヒー飲みながらゆっくり新聞を読める。
週に一回、貴重な時間となってます。(^^ゞ

さて、フェイスブックでいろいろとため込んだ情報をアップしましたが、
本日付けの朝日新聞にも気になるニュースがありました。

西宮に連絡線建設計画
名神ICと阪神高速湾岸線結ぶ3キロ

4月の県議選でも、無駄遣いと訴えてきた、この連絡線建設計画。

国土交通省近畿地方整備局が検討しており、記事によると
「環境への影響や多額の投資をめぐり、今後、計画の是非が議論になりそうだ」
とあります。

示されている2案は次の通り
①高架案 概算事業費600~700億円
 津波が発生した際は代替道路として期待できる?
 沿道への騒音や景観への影響が懸念

②地下案 概算事業費1,200~1,300億円
 酒造りに適した西宮の地下水「宮水」への影響が心配

4月にも訴えましたが、県の調査でも「渋滞緩和の効果は見込めない」計画です。
それもそのはず、利用する人はご存じのとおり、湾岸線は六甲アイランドで
終わり下道経由で神戸線に戻らなくてなりません。
戻った摩耶は大渋滞です。

私も数年前まで、塚口から神戸方面へ行く際に利用してましたが、
神戸線の定常的な渋滞どころは生田川から摩耶、魚住辺りです。

そして、間違って湾岸線に乗ると、住吉浜で大渋滞に巻き込まれてしまいます。
年末にナビに従って利用した際には、塚口から西神中央まで3時間以上掛かりました。

この連絡線は、渋滞緩和にはまったく役に立ちません。



新聞記事では西宮市議会における9月議会での意見が紹介されてます。
「神戸以西へ行く際、高速が繋がっていればと利用するたびに思った」

ちょっと待て、西宮に住む人がこの連絡線を使うケースはすごく稀なはず。
西宮から神戸以西に行く際は、西宮か芦屋から高速使うでしょ!

この発言をした議員は、どういう生活を送っているのだろうか?
ぜひ、名前と顔写真も公開して欲しい。
(あとで、議会議事録で調べてみようっと。)

ちなみに、阪神北地域(川西、宝塚、伊丹、猪名川)からでも、神戸や
三宮に車で行くにはこの道はほぼ使いません。ナビでも設定されません。


おそらく、大阪の人もあまり名神は利用せず、阪神高速を使うでしょうし、
名神高速を使う人も湾岸線には行かないでしょう。


地方から来た、あまり道を知らない人が間違えって利用し、とんでもない
渋滞に巻き込まれるのが目に見えます。

こんなところに多額の税金を投じるなど、正気の沙汰とは思えません。
絶対、この計画案・無駄遣いは廃止に追い込みましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿